2010年03月29日

死因は出血性ショック=男性刺殺、捜査本部設置−大阪府警(時事通信)

 大阪市天王寺区のマンションで無職岡田弘さん(57)の遺体が見つかった事件で、司法解剖の結果、死因は出血性ショックだったことが23日、大阪府警捜査1課の調べで分かった。同課は殺人事件として天王寺署に捜査本部を設置した。
 捜査本部によると、岡田さんはへその上あたりに致命傷となった深さ約12センチの刺し傷があり、右手にも抵抗した跡とみられる切り傷があった。死亡推定時刻は同日午前2時ごろで、刺されてから短時間で死亡したとみられるという。凶器は見つかっていない。 

【関連ニュース】
マンション入り口に男性遺体=腹に刺し傷、殺人事件で捜査
84歳女性殺される=窒息死か、自宅で発見
元看護師の死刑確定へ=福岡連続保険金殺人
元暴力団の死刑囚、二審も懲役20年=上申書で発覚の保険金殺人
「もみ合い刺さった」殺意否認=漁船員殺害の裁判員裁判

夜まで大雪の恐れ 東北(河北新報)
雑記帳 海藻「アカモク」の新商品 中部空港で販売(毎日新聞)
<自殺>半数が処方薬乱用 指示従わず
<グループホーム>スプリンクラー設置は約5割 7都県7市(毎日新聞)
雇用保険法改正案、衆院通過(時事通信)
posted by タカスギ ショウジ at 12:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

<消えた年金>第三者委の廃止検討 総務省は行政評価に集中(毎日新聞)

 政府は21日、「消えた年金」の記録訂正の可否を判断する総務省の「年金記録確認第三者委員会」を廃止する方向で検討に入った。第三者委に代わる新組織を厚生労働省に設置する案などが浮上している。「消えた年金」問題が深刻化したため総務省は、他府省の政策執行過程などを点検する行政評価を減らして年金問題の解決に業務を集中してきた。政府としては第三者委を廃止して行政評価機能を回復する一方、新体制で年金問題の早期解決を図る構えだ。

 第三者委は、自公連立時代の安倍晋三政権下で発覚した「消えた年金」問題を解決するため、07年6月に発足した。公平・公正さをアピールするため、年金を所管する厚労省ではなく総務省に設置された。弁護士や税理士などが委員を務め、年金記録の回復の可否を審査する。事務局は中央委は行政評価局、全国各地の地方委は各管区行政評価局などが務め、中央委約50人、地方委で約600人の職員が従事している。

 これまで第三者委に訂正の処理が申し立てられた件数は約14万件。約11万件の判断を終えたが、申立件数はまだ日々増えている。総務省は、定員(中央委で35人)以上の職員を評価局の別部署から充てて対応しており、行政評価が十分にできなくなった。評価対象のテーマは、第三者委設置前は年12本程度だったが、設置後は年6本程度と半減した。

 行政評価については、政府の行政刷新会議が昨年末の「事業仕分け」で、不要な政策や経費の無駄遣いをあぶり出し、結果を予算に反映させるために機能を強化する方針を決定した。総務省も強化策を今月中にまとめる方針だ。第三者委については問題の発覚後に急きょ設置されたこともあり、「審査が厳格すぎる」「解決に時間がかかる」などと指摘する声も上がっていた。

 ただ、厚労省を中心に「政権が代わっても厚労省への国民の目は厳しい。新組織を厚労省内に設けても理解は得にくいのではないか」と第三者委の廃止に慎重な意見も根強い。【石川貴教】

【関連ニュース】
原口総務相:自殺報道照会「今後、十分に注意」
原口総務相:遅刻で謝罪 参院総務委が中止
原口総務相:出版パーティー開く 会費2万円で「質素」に
夕張市:総務相、再生計画同意 全国初「財政再生団体」に
原口総務相:NTT労組からの献金300万円 返金を表明

教職員の緊急注射研修、35府県教委未実施(読売新聞)
<神奈川県>海水浴場、今夏から禁煙 条例案成立(毎日新聞)
「百点満点あり得ない」普天間移設で岡田外相(読売新聞)
<東京大>論文に虚偽記載、教授を懲戒処分(毎日新聞)
美人過ぎる市議「私は発展途上」(スポーツ報知)
posted by タカスギ ショウジ at 11:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。