2010年06月15日

<車全焼>4歳と10歳の兄が連係プレー 1歳妹救う 山口(毎日新聞)

 10日午前6時40分ごろ、山口県周南市原の会社員、村本賢治さん(41)方で、庭に止めていた軽乗用車が全焼した。炎が上がり始めた車の中には、三女の恵(めぐみ)ちゃん(1)がいたが、次男望君(4)の連絡を受けた小学5年の長男一輝君(10)が危機一髪で恵ちゃんを助け出し、けが人はなかった。

 村本さんらの話によると、午前6時35分ごろ、兄弟の面倒見が良いという一輝君がいつものように、保育園に行く望君と恵ちゃんを車の後部座席に乗せた。その数分後、車の中に煙が立ちこめ、望君が家へ。両親が近くにいなかったため、一輝君に知らせた。「体が勝手に動いた」と、無我夢中になって家を飛び出した一輝君は、熱くなったドアを開け、車の中で泣き叫ぶ恵ちゃんを抱きかかえて家まで全速力で駆けたという。一輝君は「車は焼けてなくなったけど、命は失わなくてよかった」と話した。

 県警光署によると、出火当時、車は窓やドアは閉め切った状態で、エンジンはかけていなかった。車内からライターなどは見つかっていないといい、出火原因を調べている。【丹下友紀子】

【関連ニュース】
火災:君津の住宅全焼 遺体は10代姉妹
火災:民家の焼け跡から3遺体 不明の高齢姉弟か 千葉
火災:住宅全焼、焼け跡から2遺体 高校生の姉妹か 千葉
釜山射撃場火災:経営者らに禁固3年
火災:民家全焼 10代姉弟が死亡 大分

火災 焼け跡から子供3遺体 北海道・苫小牧(毎日新聞)
家族旅行回数、仏韓の約半分=観光白書(時事通信)
国会延長、政府・民主党内の意見が二分(読売新聞)
九州北・南部が梅雨入り、平年より1〜2週遅く(読売新聞)
父と同僚、車ではねる…殺人容疑で長男指名手配(読売新聞)
posted by タカスギ ショウジ at 15:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。