2010年03月29日

死因は出血性ショック=男性刺殺、捜査本部設置−大阪府警(時事通信)

 大阪市天王寺区のマンションで無職岡田弘さん(57)の遺体が見つかった事件で、司法解剖の結果、死因は出血性ショックだったことが23日、大阪府警捜査1課の調べで分かった。同課は殺人事件として天王寺署に捜査本部を設置した。
 捜査本部によると、岡田さんはへその上あたりに致命傷となった深さ約12センチの刺し傷があり、右手にも抵抗した跡とみられる切り傷があった。死亡推定時刻は同日午前2時ごろで、刺されてから短時間で死亡したとみられるという。凶器は見つかっていない。 

【関連ニュース】
マンション入り口に男性遺体=腹に刺し傷、殺人事件で捜査
84歳女性殺される=窒息死か、自宅で発見
元看護師の死刑確定へ=福岡連続保険金殺人
元暴力団の死刑囚、二審も懲役20年=上申書で発覚の保険金殺人
「もみ合い刺さった」殺意否認=漁船員殺害の裁判員裁判

夜まで大雪の恐れ 東北(河北新報)
雑記帳 海藻「アカモク」の新商品 中部空港で販売(毎日新聞)
<自殺>半数が処方薬乱用 指示従わず
<グループホーム>スプリンクラー設置は約5割 7都県7市(毎日新聞)
雇用保険法改正案、衆院通過(時事通信)
posted by タカスギ ショウジ at 12:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。